製品情報|製品カテゴリ

頚動脈狭窄

ステント/プロテクションデバイス

ステントは、頸動脈にできるプラークなどが原因で狭細化した血管を拡張することを目的とした自己拡張型頸動脈ステントです。プロテクションデバイスは、ステント留置術中に遊離したプラークを捕捉するために使用されます。

ガイドワイヤー

血管内においてカテーテルを適切な部位に誘導するために使用されるガイドワイヤーです。

バルーン付ガイディングカテーテル

穿刺部から挿入され、頸動脈の一時的血流遮断及びデバイスデリバリーに使用されています。

血管内異物除去用カテーテル

血管内に誤留置した塞栓物質、カテーテル・ガイドワイヤーの破損片、脱落したペーシングリード、下大静脈フィルター、金属ステントなどの異物を回収・除去することを目的として使用されます。

このサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
医療関係者以外の方には薬事法上、開示できない内容も含まれており、ご利用を制限させていただいています。日本国外の医療関係者、また一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

ページトップへ