コヴィディエン アカデミア

Vascular Access News Web

逆流防止弁機能付安全針(逆流防止弁/針刺し事故防止機能付透析用留置針)を活用した安全感染対策の取り組み


今回は、南長野医療センター篠ノ井総合病院 人工腎センターにお邪魔し、「逆流防止弁機能付安全針を活用した安全感染対策の取り組み」についてインタビューをおこなってまいりました。感染及び医療安全システム、針刺し対策としての安全機能付穿刺針導入の経緯、血液曝露対策における感染対策関連委員の活動の実際や分離回収の考案について、ご紹介いただきます。

監修 : 南長野医療センター篠ノ井総合病院 人工腎センター
関原 宏幸 先生(臨床工学科 科長)
佐藤 ともみ 先生(看護部 主任)
春日 稔 先生(臨床工学技士)

第4回白石グループシャント管理チーム合同カンファレンスディスカッション
~VAマネジメントについて~


今回は、第4回白石グループシャント管理チーム合同カンファレンスディスカッションにお邪魔し、「~VA(バスキュラーアクセス)マネジメントについて~」についてインタビューをおこなってまいりました。
VA造設時に考慮すること、VA長期開存のための注意点や工夫点、VAトラブルの判断指標、VA管理に求められる多職種連携、施設間連携、各職種の専門性を活かす方法について、Q&A式に、白石グループ・シャント管理チームの活動を含めご紹介をいただきます。

監修 : 社会医療法人白光会 白石病院、白石記念クリニック 
医療法人貴幸会 SKメディカルクリニックの白石グループシャント管理チームの皆様

第62回日本透析医学会学術集会・総会
コヴィディエンジャパン㈱展示ブースセミナー Ver.4
~業務効率と感染対策を両立するための当院での工夫~


本号では、業務効率と感染対策を両立するための当院での工夫 という内容にて、特定医療法人あかね会 中島土谷クリニック 看護主任 田口 小百合 先生に、感染対策の構築と評価、それによる業務改善やスタッフ教育についてご紹介をいただきます。

監修 : 田口 小百合 先生
(特定医療法人あかね会 中島土谷クリニック 看護主任)

第62回日本透析医学会学術集会・総会
コヴィディエンジャパン㈱展示ブースセミナー Ver.3
~カフ型カテーテルの挿入手技を伝授~


本号では、カフ型カテーテルの挿入手技を伝授 という内容にて、ご経験が豊富な熊本赤十字病院 副院長 宮田 昭 先生に、シースイントロデューサーを使ったオーソドックスな方法とガイドワイヤを使ってカテーテルを挿入するセルジンガー法の2例について解説いただきます。

監修 : 宮田 昭 先生
(熊本赤十字病院 副院長)

第2回透析施設における感染症対策を考える会 首都圏エリア記録集


本号では、7月にコヴィディエンジャパン株式会社主催にて東京都内にて開催いたしました、「第2回透析施設における感染症対策を考える会 首都圏エリア」の内容をご紹介いたします。
教育講演1「知っておきたい感染対策のための基礎知識」および教育講演2「無関心ではすまされない透析室でのフットケアと足病変」というテーマにて、
医療法人社団豊済会 下落合クリニック 菊地 勘 先生にご講演をいただき、
実践報告において4名の先生方にご施設における様々な取組みをご紹介頂いております。
当日盛り上がりましたパネルディスカッション内容につきましてもまとめました。

教育講演 講演: 菊地 勘 先生(医療法人社団豊済会 下落合クリニック)
     司会: 谷口 弘美 先生(特定医療法人財団松圓会 東葛クリニック病院)
実践報告 大湯 恵 先生(医療法人博友会 友愛クリニック)
山川 浩子 先生(医療法人社団博樹会 西クリニック)
安部 貴之 先生(東京女子医科大学病院)
喜瀬 はるみ 先生(特定医療法人財団松圓会 東葛クリニック病院)

第62回日本透析医学会学術集会・総会
コヴィディエンジャパン㈱展示ブースセミナー Ver.2
~エコーを用いたVascular Access管理~知っておくべきポイント~


本号では、エコーを用いたVascular Access管理~知っておくべきポイント~という内容にて、医療法人心信会 大川バスキュラーアクセス・腎クリニック 山本 裕也 先生にご施設における様々な取組みをご紹介頂いております。
本ニュースレターの内容が皆様の実際の業務にも活かすことができれば幸いに存じます。

監修 : 山本 裕也 先生
(医療法人心信会 大川バスキュラーアクセス・腎クリニック 臨床検査技師・管理栄養士)

第62回日本透析医学会学術集会・総会
コヴィディエンジャパン㈱展示ブースセミナー Ver.1


第62回日本透析医学会学術集会・総会 コヴィディエン展示ブースで開催された展示ブースセミナーでご講演をいただきました記録集です。
本号では、「当院における安全対策と改善に向けての取り組み~よりよい透析室をめざして~」
という内容にて、社会医療法人 弘道会 寝屋川生野病院 血液浄化室 中迎 由美子 先生にご施設における様々な取組みをご紹介頂いております。

監修 : 中迎 由美子 先生
(社会医療法人 弘道会 寝屋川生野病院 血液浄化室)

当院におけるフットケアの実際


2016年4月に、「下肢末梢動脈疾患指導管理加算」が新設されました。末梢動脈疾患の対処には、早期発見、早期治療がとても重要です。
今号は、「当院におけるフットケアの実際」について、医療法人社団 日高会の田丸裕子先生、下田富美子公先生にお話を伺いました。

監修 : 田丸 裕子 先生
(日高会 日高病院 主任看護師)
下田 富美子 先生
(日高会 平成日高クリニック 主任看護師)

透析室におけるエコーの活用 ~日常業務からシャント閉塞時まで~


透析室におけるエコーの活用はますます関心が高まってきているのではないでしょうか?
今号では、シャントの診断、ガイド下穿刺、スタッフ教育と様々な場面でエコーを活用されている大垣徳洲会病院臨床工学科の久富俊宏先生に具体的な活用例についてうかがいました。

監修 : 久富 俊宏 先生
(医療法人 徳洲会 大垣徳洲会病院 臨床工学科 透析室副室長)

看護師・臨床工学技士の業務の標準化について


安心・安全な透析医療を提供するには医師・看護師・臨床工学技士の連携が不可欠です。 県内の透析施設の中核病院として、透析室の拡大に伴い、看護師業務・臨床工学技士 業務の明確化を実施し、安心・安全な透析医療の提供・スタッフのモチベーション向上への 取り組みについてお話を伺いました。

監修 : 平山 薫 先生
(JCHO宮崎江南病院 透析室 看護師長)
淀川 菜穂子 先生
(JCHO宮崎江南病院 臨床工学技士 主任)

快適な透析環境


Sustainableな透析とは?
より快適な透析環境の実現を目指して、財務面に加え環境面や社会的側面など様々な視点から、患者支援に取り組んでいる森のクリニックの川野光一先生に理想の透析医療についてお話を伺いました。

監修 : 川野 光一 先生
(森のクリニック 医学博士)

安全機能付穿刺針導入の試み
~自分が受けたい医療・看護の実現を目指して~


以前より感染症患者に安全針を使用していた当院が2015年の透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドラインの改訂により、全ての患者に安全針を導入する試みについて医療法人博友会 友愛クリニックの大湯恵先生にお話を伺いました。

監修 : 大湯 恵 先生
(医療法人 博友会 友愛クリニック 看護師長)

シャントの穿刺の基礎 ~穿刺時の姿勢で成功率が決まる~


今号ではシャント穿刺時の基礎について、特に穿刺時の姿勢にフォーカスし、社会医療法人美杉会佐藤医院の中田忠雄看護師にお話を伺いました。

監修 : 中田 忠雄 先生
(社会医療法人 美杉会 佐藤医院 透析室 主任)

腎臓リハビリテーション導入について ~いつまでも自分の足で透析室へ~


透析患者の高齢化により通院が困難な患者も多くなっています。しかし、患者は住み慣れた自宅での生活を望んでおり、ADL維持や改善が必要とされています。今回はADLの維持・改善を目的に腎臓リハビリテーションを開始した医療法人社団尾﨑病院(鳥取県)の取り組みについてお話を伺いました。

監修 : 尾﨑 舞 先生
(医療社団法人 尾﨑病院 理事長)
  武田 祐樹 先生
(医療社団法人 尾﨑病院 作業療法士)

透析医療の災害対策と緊急離脱


透析は大量の水と電力を使う医療であり災害に弱いとも言えるため、常に災害時のことを考えておく必要があります。
災害対策には災害時情報ネットワークの構築や個々の施設での減災の2つのアプローチがあります。今回は個々の施設での減災に関して、透析装置の破損防止や緊急離脱対応など具体的な対策を赤塚クリニックの赤塚東司雄先生にうかがいました。

監修 : 赤塚 東司雄 先生
(赤塚クリニック)

理想の透析室を求めて 
~安全針100%使用にての感染・事故対策~


“皆にとって理想的な透析室”を目指し、患者・医療スタッフに双方に安全な透析室を実現するための医療事故・感染対策への取り組みについて大阪府の寝屋川生野病院 血液浄化室 中迎由美子先生にお話を伺いました。

監修 : 中迎 由美子 先生
(社会医療法人 弘道会 寝屋川生野病院 血液浄化室)

ポータブルエコーを活用したバスキュラーアクセス管理
~エコーによる日常的なVAの観察~


本号ではバスキュラーアクセストラブルの早期発見や、最適な穿刺部位の選択など、日常業務の一つとしてシャントエコーを実施している菊名記念クリニックに業務の実際について紹介頂いております。

監修 : 中島 明彦 先生
(医療法人社団五星会 菊名記念クリニック 臨床工学科 副主任)
  安部 瑞歩 先生
(医療法人社団五星会 菊名記念クリニック 臨床工学科 副主任)

患者とスタッフを感染症から守る!
~ガイドライン改訂で透析室での感染対策はどう変わるか?~


透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドラインが改訂されました。
それぞれの施設でスタッフ全員が実行に移せるマニュアルを作成することが重要となります。本号では下落合クリニックでの感染対策への具体的な取り組みについて紹介頂きました。

監修 : 菊池 勘 先生
(医療法人社団豊済会 下落合クリニック 院長)

バスキュラーアクセストラブルにおけるエコーの活用


バスキュラーアクセストラブルに関して穿刺の際の注意点とエコーの活用に関する取り組みについて医療法人聖医会 ことうだ腎クリニックの小藤田篤院長、石川宗治先生に紹介頂いております。

監修 : 小藤田 篤 先生
(医療法人聖医会 ことうだ腎クリニック 院長)
  石川 宗治 先生
(医療法人聖医会 ことうだ腎クリニック 臨床工学技士)

スタッフ全員で取り組む抜針対策 ~抜針対策チェックリストを使用して~


院内で作成された「抜針対策チェックリスト」について、抜針に繋がる危険因子を評価するチェック項目と対策内容・評価方法などをご紹介頂いております。

監修 : 宮本 弘美 先生
(医療法人一陽会 原田病院 透析室 統括科長/看護部 透析 師長)

透析看護認定看護師教育課程について


現在わが国では唯一の透析看護認定看護師の教育機関である東京女子医科大学の山内英樹先生に認定看護師教育課程(透析看護)についてご紹介頂いております。

監修 : 山内 英樹 先生
(東京女子医科大学看護学部 認定看護師教育センター透析看護分野 主任教員)

当院におけるシャントエコー業務の歩みと役割 ~穿刺業務に関して~


これまでも学会などで発表されている篠ノ井総合病院でのバスキュラーアクセス管理におけるエコーの活用と有用性について、導入の経緯や取り組みを踏まえながらご紹介頂いております。

監修 : 北村 健太郎 先生、増村 貴義 先生、山田 裕也 先生、中島 拓也 先生
(JA長野厚生連 篠ノ井総合病院 臨床工学科)

バスキュラーアクセスカテーテルにおける閉鎖式プラグの活用


バスキュラーアクセスカテーテルの血流感染対策の一つとして南海医療センターで取り組んでいる閉鎖式プラグの活用についてご紹介頂いております。

監修 : 石田 裕伸 先生 (独立行政法人 地域医療機能推進機構
南海医療センター 主任 臨床工学技士)

熊本県透析療法指導看護師会の取り組み


熊本県透析療法指導看護師会が中心となり実施している出張勉強会や透析情報用紙の県内統一の働きかけなど、熊本県内の透析療法向上に向けた取り組みについてご紹介頂いております。

監修 : 宮本 友子 先生 (医療法人 如水会 嶋田病院 看護部長
 熊本県透析療法指導看護師会 代表)

穿刺支援チームの取り組み


スタッフと患者双方の安心感と信頼を得ることを目標にVA委員会を立ち上げ、VA管理・VA評価・穿刺教育などに力を入れている中島土谷クリニックの取り組みについて松田先生にご紹介頂いております。

監修 : 松田 政二 先生 (特定医療法人 あかね会 中島土谷クリニック 透析センター
 臨床工学技士 副主任)

透析穿刺針における抜針事故対策 -α固定の有用性-


抜針事故防止対策のために透析穿刺針や透析回路のテープ固定に必要な要件はなにかを理論的に考え、Ω固定や回路側のα固定をを取り入れている医療法人松和会 望星平塚クリニックの取り組みについて黒田先生にご紹介頂いております。

監修 : 黒田 洋 先生 (医療法人社団松和会 望星平塚クリニック
 臨床工学技士 技士長)

穿刺ミス低減への取り組みについて


動画を活用した客観的評価や仕組み立てた穿刺業務を行っている実際のフローチャートなど
穿刺ミスの低減に向けての藤井病院での取り組みをご紹介しています。

監修 : 立山 サクタロウ 先生 (医療法人 良秀会 藤井病院 看護副主任)

在宅血液透析の導入


玄々堂君津病院の在宅血液透析の立ち上げにあたり、課題と対策や運用にあたっての工夫についてご紹介しています。

監修 : 三浦 國男 先生 (玄々堂君津病院 総合腎臓病センター 血液浄化部 
副部長 臨床工学科 技士長)
高橋 初 先生 (玄々堂君津病院 総合腎臓病センター 臨床工学科 
主任補佐)

透析室における抜針事故防止対策の工夫について


福岡県南部の八女市に位置する公立八女総合病院企業団の透析室での抜針事故対策についての取り組み(穿刺から固定までの一連の流れ、透析中の対策)についてご紹介しています。

監修 : 田村 ルミ 先生 (公立八女総合病院企業団 透析看護認定看護師)

元気であり続ける為に、快適で質の高い透析療法の提供を目指して


快適に過ごせる完全個室透析を行っている池田病院透析センターでの
High Quality透析療法や透析療法における汚染防止操作と感染予防についてご紹介しています。

監修 : 南 伸治 先生 (医療法人宝持会 池田病院透析センター 課長 臨床工学技士)

回収業務の効率化


全自動コンソールを導入され、透析業務の効率化に積極的に取り組まれている埼玉県の上尾中央腎クリニックにおける分離回収の工夫を具体的にご紹介しています。

監修 : 佐藤 典明 先生 (上尾中央腎クリニック 科長 臨床工学技士)

Vascular Access News 別冊

別冊 第59回日本透析医学会学術集会・総会 クリニカルセミナー

VA管理におけるエコー活用を考える
VA管理における超音波検査の意義と透析現場での簡単活用法

2014年6月に神戸で開催された日本透析医学会学術集会・総会において、特定医療法人 桃仁会病院 臨床工学部 人見泰正先生にご講演頂いた内容をまとめています。

監修 : 人見 泰正 先生 (特定医療法人 桃仁会病院 臨床工学部 兵庫県立医科大学大学院 応用情報科学研究科)

別冊 第16回日本腎不全看護学会学術集会・総会ランチョンセミナー2

透析室での穿刺スキルアッププログラム

2013年11月に横浜で開催された本学会において、豊橋メイツクリニック太田勝仁先生および医療法人永生会 まつした腎クリニックの笠田寿美子先生にご講演頂いた内容をまとめています。

座長 : 富樫 たつ子 先生 (医療法人眞仁会 三浦シーサイドクリニック)
演者 : 太田 勝仁 先生 (豊橋メイツクリニック)
  笠田 寿美子 先生 (医療法人永生会 まつした腎クリニック)

Vascular Access News

血液透析に関する取り組みをご紹介しています。

Vascular Access News vol.17

バスキュラーアクセス管理委員会の取り組み

川島ホスピタルグループ バスキュラーアクセス管理委員会は、バスキュラーアクセスの長期開存や透析効率の維持向上、スタッフの穿刺技術の向上を目指し、グループ病院全体で活動されています。委員として活躍されている皆様に、これまでの取り組みについてお話を伺いました。

監修 : 土田 健司 先生 (社会医療法人川島会 川島透析クリニック 院長)
  平野 春美 先生 (社会医療法人川島会 川島透析クリニック 看護師長)
  萩原 雄一 先生 (社会医療法人川島会 川島透析クリニック 臨床工学部 課長)

Vascular Access News vol.16

患者が満足する透析医療を目指して ~災害対策・業務改善~

組織的なプロジェクトやチーム医療にて患者が満足する透析医療を実践されている北海道
旭川市の北彩都病院での災害対策や業務改善への取り組みについてご紹介頂いております。

監修 : 和田 篤志 先生 (医療法人仁友会 北彩都病院 副院長 血液浄化センター長)
  石川 幸広 先生 (医療法人仁友会 北彩都病院 診療技術部 部長 臨床工学科 科長)
  中谷 隆浩 先生 (医療法人仁友会 北彩都病院 臨床工学科 科長補佐)

Vascular Access News vol.15

透析室における超音波診断装置の活用について

ミスのない安定した穿刺や透析業務の質の向上のために、超音波診断装置を有効に活用するコツ等について、望星第一クリニックでの活用例を具体的にご紹介しています。

監修 : 若林 正則 先生 (望星第一クリニック 院長)
  甲斐 竜二 先生 (望星第一クリニック 看護主任)

Vascular Access News vol.14

透析室における感染対策

感染対策委員会や安全対策委員会の開催、スタッフへの教育、感染対策マニュアルの作成など、積極的に院内感染対策を行なっている内容について具体的にご紹介しています。

監修 : 菊地 勘 先生 (医療法人社団豊済会 下落合クリニック 院長)

Vascular Access News vol.13

臨床工学技士・看護師によるポータブルエコー使用のすすめ

エコーを用いた穿刺技術の向上に関して、プローブの持ち方から針の見え方・針先誘導の実践など、技術の習得がしやすいように京都市立病院 腎臓内科の鎌田正先生に大変詳しく解説いただいています。

監修 : 鎌田 正 先生 (京都市立病院 腎臓内科)

Vascular Access News vol.12

透析室におけるリスクマネジメント

透析室におけるリスクマネジメントにおいて特に注力していることとして、転倒/転落対策・針刺し事故対策・透析機器の安全対策・震災対策についてご紹介しています。
また、透析室のように他職種の医療従事者の連携が不可欠な環境に対して、チームパフォーマンスを上げるための手法もご紹介しています。

監修 : 望月 隆弘 先生 (医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 腎臓高血圧内科部長 腎センター長)
  関根 広介 先生 (医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 臨床工学技士)
  原 洋子 先生 (医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 透析室看護師長)
  原 隆雄 先生 (医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 ME室 副室長 臨床工学技士)
  石坂 純一朗 先生 (医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 臨床工学技士)

Vascular Access News vol.11

穿刺時合併症の防止と感染予防対策

機械的合併症予防のための物品選択・環境整備・手技教育を始め、カテーテル血流感染に関するサーベイランスの効果測定を行い、より良い感染管理の取り組みをされている兵庫医科大学病院での取り組みをご紹介しています。

監修 : 竹田 健太 先生 (兵庫医科大学病院 集中治療医学科 助教
インフェクションコントロール メンバー
院内エコーガイド下CV挿入推進チーム メンバー)
  一木 薫 先生 (兵庫医科大学病院 感染制御部 感染対策担当看護師長 感染管理認定看護師)

Vascular Access News vol.10

穿刺ミスゼロを目指した取り組みについて

看護師・臨床工学技士が穿刺技術向上のため、ポータブルエコーを利用している例や穿刺のコツなどについてご紹介しています。

監修 : 下池 英明 先生 (医療法人 高橋内科クリニック 院長)
  真崎 優樹 先生 (医療法人 高橋内科クリニック 臨床工学技士長)
  平山 遼一 先生 (医療法人 高橋内科クリニック 看護師)
  大谷 正彦 先生 (医療法人 高橋内科クリニック 臨床検査技師)

Vascular Access News vol.9

バスキュラーアクセスの安定した維持と管理の取り組みについて

バスキュラーアクセス管理ツールとして、アクセスマップを作成している例や穿刺トラブルの対策、穿刺技術向上へ向けた工夫、穿刺支援チームなどについてご紹介しています。


このサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
医療関係者以外の方には薬事法上、開示できない内容も含まれており、ご利用を制限させていただいています。日本国外の医療関係者、また一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

ページトップへ