コヴィディエン アカデミア

NEUROINSIGHT

塞栓用コイル

Axium™ Detachable Coil System

硬膜動静脈瘻(dural AVF)経静脈的塞栓術における
Axium™コイルの使用経験 (2013年6月発行)

医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
脳神経外科 部長
田中 美千裕 先生

Axium™ coilの特性を活かした
adjunctive technique併用塞栓術 (2013年5月発行)

大阪医科大学
脳神経外科・脳血管内治療科
准教授
宮地 茂 先生

破裂動脈瘤に対する
Axium™Detachable Coilの有用性 (2013年2月発行)

岡山大学病院
脳神経外科 准教授
杉生 憲志 先生

岡山大学病院
脳神経外科
平松 匡文 先生

Axium™ Detachable Coil はこんな時に使う!
得意なケースとは?              (2012年9月発行)

京都大学
大学院 医学研究科
脳神経外科 講師
石井 暁 先生

Axium™ デタッチャブルコイルの有用性 (2012年6月発行)

藤田保健衛生大学医学部
脳神経外科
教授
中原 一郎 先生

ステント支援下コイル塞栓術及び
小型脳動脈瘤塞栓術におけるAxium™ 使用経験 (2012年6月発行)

順天堂大学医学部附属順天堂医院
脳神経血管内治療学講座
教授
大石 英則 先生

ステント支援下及びバルーン支援下
コイル塞栓術におけるAxium™ の有用性 (2012年6月発行)

兵庫医科大学
脳神経外科
臨床准教授
坂井 千秋 先生

神戸市立医療センター中央市民病院
脳神経外科 部長
坂井 信幸 先生

ステント/プロテクションデバイス

PROTÉGÉ™ RX&SpiderFX™

PROTÉGÉ™ RXテーパードステントの使用経験 (2014年11月発行)

医真会 八尾総合病院
放射線科・脳血管内治療科 部長
高山勝年 先生

進行性高度狭窄病変に対する
間歇的seatbelt and air bag techniqueを用いたCAS
~Tailored CASにおけるSpiderFX™・PROTÉGÉ™ RXの活用法~ (2014年6月発行)

社会福祉法人 恩賜財団 済生会和歌山病院
脳神経外科 医長
山家 弘雄 先生

高度狭窄病変に対する頚動脈ステント留置術
PROTÉGÉ™ RX、SpiderFX™の有用性 (2013年9月発行)

新潟大学 脳研究所
脳神経外科学教室 血管内治療部門
特任教授
伊藤 靖 先生

CASマルチデバイス時代の新たな選択肢
PROTÉGÉ™ RX & SpiderFX™の有用性 (2014年2月発行)

国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
脳神経血管内治療科 部長
松丸 祐司 先生

液体塞栓物質

Onyx™ 液体塞栓システムLD

Onyx™ を安全に使用するために気をつけている事 (2012年3月発行)

財団法人広南会 広南病院
血管内脳神経外科 部長
松本 康史 先生

オクリュージョンバルーンカテーテル

分枝を伴う動脈瘤、遠位部動脈瘤
バルーンアシストコイル塞栓術におけるHyperForm/Glide の有用性

新潟大学 脳研究所
脳神経外科学教室 血管内治療部門 特任教授
伊藤 靖 先生

分枝を伴う未破裂動脈瘤
バルーン支援下コイル塞栓術におけるHyperFormの有用性

豊見城中央病院
脳神経外科 部長
孫 宰賢 先生

マイクロカテーテル

Echelon

経静脈アプローチにおけるEchelonのテクニック (2012年9月発行)

富山大学附属病院
脳血管内治療科
診療教授
桑山 直也 先生

Echelonマイクロカテーテルを用いた
脳動脈瘤塞栓術           (2012年9月発行)

社会医療法人財団 石心会 埼玉石心会病院
副院長/脳神経外科部長
石原 正一郎 先生

脳動脈瘤塞栓術におけるマイクロカテーテルの選択 (2011年9月発行)

国際医療福祉大学三田病院
脳卒中・血管内治療センター長
国際医療福祉大学 教授
上野 俊昭 先生

上向き左内頚動脈瘤に対するコイル塞栓術
― マイクロカテーテル選択の工夫 ―   (2011年9月発行)

財団法人広南会 広南病院
血管内脳神経外科 部長
松本 康史 先生

このサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
医療関係者以外の方には薬事法上、開示できない内容も含まれており、ご利用を制限させていただいています。日本国外の医療関係者、また一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

ページトップへ