コヴィディエン アカデミア

抗がん薬取り扱いと曝露対策

総監修:
石井 範子 先生
(秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 教授)

〈経歴〉
1974年弘前大学教育学部特別教科(看護)教員養成課程卒業。聖路加国際病院、弘前大学教育学部看護教員養成課程、秋田大学医療技術短期大学部講師・助教授・教授を経て2002年より現職。1995年教育学研究科修士課程終了、2005年医学研究科博士課程終了。

〈著書〉
・「看護師のための抗がん薬取り扱いマニュアル 第2版」(ゆう書房)
・「看護のこころ 患者のこころ」(福村出版)
・「イラストでわかる基礎看護技術」(日本看護協会出版会) など


Ⅰ.抗がん薬曝露の危険性と日本の現状

執筆: 石井 範子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 教授)


Ⅱ.ISOPPスタンダードのヒエラルキーの紹介

執筆: 佐々木 真紀子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 教授)


Ⅲ.医療従事者の抗がん薬の職業性曝露を防止するために

執筆: 石井 範子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 教授)
  • 1. 抗がん薬取り扱い時の環境整備
執筆: 工藤 由紀子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 助教)
  • 2. 安全キャビネットによる混合調剤
執筆: 工藤 由紀子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 助教)
  • 3. 抗がん薬の準備、与薬、終了後の処理
執筆: 杉山 令子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 助教)
  • 4. 抗がん薬投与患者さんのケア時の注意
執筆: 菊地 由紀子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 助教)
  • 5. 抗がん薬がこぼれた時・曝露された時の対処
執筆: 菊地 由紀子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 助教)
  • 6. 経口薬与薬時の対策
執筆: 長谷部 真木子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 准教授)
  • 7. 抗がん薬治療を受けている在宅患者に対する注意点
執筆: 長谷部 真木子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 准教授)


Ⅳ.抗がん薬曝露の研究への取り組み

執筆: 佐々木 真紀子 先生 (秋田大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 基礎看護学講座 教授)

このサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
医療関係者以外の方には薬事法上、開示できない内容も含まれており、ご利用を制限させていただいています。日本国外の医療関係者、また一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

ページトップへ