コヴィディエンの製品

コヴィディエンは医療専門家向けに製品・サービスを提供しております。その製品を提供している治療・診断の分野は多岐に渡っており、様々な医療現場でお役立ていただいています。ここにも、あそこにもコヴィディエンが。
こちらのページでは、一般の方向けに、私たちの製品が医療施設の“どんな場面”で、“どのように”医療に貢献しているのか、その一部をご紹介させていただきます。

NICU(新生児集中治療室)で

今、小さな産声をあげた重さ1,000gにも満たない赤ちゃん。 NICUでは、早期産で生まれた赤ちゃんが自分の力でおっぱいを飲めるようになるまで、糸のように細いカテーテルを通して栄養を届けます。また、その足背にはセンサが巻かれ、血液中の酸素の状態を感知するモニタが、生まれたばかりの小さな命を24時間見守っています。

外科手術を行う手術室で

これから外科手術を受ける患者の胸には心電図を測定するための電極、耳からは体の深部の温度を測定するセンサ、指先には血液中の酸素濃度を感知するセンサなどが装着され、手術中の体の状態を絶えずモニタリングしています。全身麻酔の場合は、マスクから麻酔薬が導入され、その後も気管チューブを通して麻酔器が呼吸をサポートします。
また、長時間にわたる手術では足の静脈に血栓ができやすくなるため、空気圧で足を圧迫することで肺血栓塞栓症を予防するシステムや、体温が下がることで合併症が起きないよう温風で体を加温する装置も準備され、手術後の状態も考えたサポートを行っています。

外科手術を行う手術室で
大腸がんの摘出手術で

大腸がんを摘出する手術には腹腔鏡下手術と、開腹手術の両方がありますが、腹腔鏡下手術ではお腹に刺したポートを通して内視鏡下用の自動縫合器を使用し、開腹手術の場合は開腹用の自動吻合器・縫合器を使用します。また、手縫いする部位においても、用途に応じた様々な種類の縫合糸が用意されています。
外科手術においては、出血量を抑えることが重要となりますが、血管閉塞機能を持つ電気手術器具などが、手術現場で使用されています。

大腸がんの摘出手術で
外科手術後の病棟で

無事に手術が終わり病棟に戻ると、血液などの体液やおしっこを体外へ出す為のカテーテル、まだ食べられない患者へ栄養を与えるカテーテル感染リスクを減らす閉鎖式の輸液ラインを使用して、手術後の回復を助けます。

外科手術後の病棟で
人工透析室で

人工透析は、何らかの理由で腎臓の機能が弱った患者に対する治療方法です。特殊なフィルターに血液を通すことで血液中にたまった老廃物を除去し、患者の健康を維持します。 透析室では透析用留置針を使用して、この透析療法を行います。
また、携帯型の超音波診断装置で患者の血管状態を観察し、治療を行うためのサポートをしています。

人工透析室で
ICU(集中治療室)で

心臓の大きな手術を受けた方は、手術後、集中治療室に入ります。このような重篤なケースでは、無事に手術が終わった後も呼吸や循環、栄養など厳密に管理され、自分で安定した呼吸ができるようになるまで人工呼吸器が装着されます。その際、唾液が気道の下方に流れ込まないように、吸引ポートがついた気管チューブが使用され、肺炎の併発を予防します。
また、人工呼吸器と気管チューブの間には、人工鼻というフィルターがつけられ、痰が固くならないようにしたり、器械が装着された状態で安全に痰を取り除くため、閉鎖式気管吸引システムが用いられています。

ICU(集中治療室)で
脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患の治療で

脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患に対して、開頭せずに血管の内側からアプローチする治療方法があります。
カテーテル室にて、X線透視下で足の血管からカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、狭窄した血管を拡げ、拡げた血管が再び狭窄しないよう網目状金属の筒(ステント)を留置したり、逆に動脈瘤や奇形血管をコイルなどの塞栓物質で詰める治療法です。
従来の開頭手術とは異なり、身体にメスを入れないため、傷口が小さく、入院期間を短縮できるなど、患者の負担が少ない低侵襲の治療法として注目されています。

脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患の治療で

文中の緑字がコヴィディエンが取り扱っている製品です。
一般の方が目にすることの少ない製品の紹介を通じて、当社についてご理解いただく一助となるよう情報を提供しております。記載された内容は、医療現場における一場面を取り上げたもので、全ての医療施設や治療・診断に適用されるものではないことを予めご了承ください。

このサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
医療関係者以外の方には薬事法上、開示できない内容も含まれており、ご利用を制限させていただいています。日本国外の医療関係者、また一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

ページトップへ